So-net無料ブログ作成
検索選択

金勝アルプス 150530(土) [滋賀]

コース  上丹生バス停 10:30→天狗岩 12:15~12:35→耳岩 12:45→一丈野キャンプ場 14:10

サークルのメンバー3名と金勝アルプスの周回。
 所々岩が露出している沢沿いの登山道を登って行く。天気が良くって気温も高いが、木陰に入ると涼しい。尾根のルートに入ると木樹も少なくなり、暑くって仕方ない。が、その分展望もよくなり、琵琶湖や周囲の新緑で美しい山々が見渡せる。
 遠くに大岩が重なってるピークが見えてきた。天狗岩だ。
 天狗岩の根本の休息場では沢山のハイカーが休憩し、ザックを置いて岩に登ってる。我々も大休憩することにする。僕も試しに登ってみたが、要所にロープは設置されてるが、両手使ってもズルズル滑る箇所があったりしてスリル満点。天辺まで行くと展望が大きく開け風も心地よい。
 大分疲れてきたので、耳岩はあっさりスルーし、天狗岩線の尾根を降る。
 ここはえらい所です。風化した花こう岩のザレ場が続き、勾配も急なので慎重に足を進めても滑って危険。沢にたどりつくまでそんな場所がずーっと続く。
 沢まで降れば、綺麗な水が流れており、思わず汗だらけの顔をごしごしと洗う。傾斜もゆったりとしてきて、すぐに一丈野キャンプ場。営業していないのか、管理人室にだれもいないし、テーブルやベンチは泥だらけになってる。木陰でちょっとはましな、テーブルを探して本格的な昼食?メンバーの一人がWガスコンロと肉を持って来てくれた。(重いのに、感謝、感謝)その他の食材は持ちより、簡単なバーベキュー開始。日が陰るまでユックリと食事(とアルコール)を摂りました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。