So-net無料ブログ作成
京都北山 ブログトップ

比叡山 2014/11/23(日) [京都北山]

DSC00310.JPGコース:比叡山坂本駅 9:30→登山口 10:30→坂本ケーブル山頂駅 11:30→叡山ケーブル駅13:00

 今日は息子と比叡山。生意気にも紅葉狩りと延暦寺を見てみたいとの事。
 なので、昨日のサークルの企画は抑え気味にさせてもらった。おかげでひざはまぁまぁ。
 だけど、ちょっと二日酔い気味。頭痛が少々と、いやにのどが渇く。(飲むのも抑えなあかんチュウネン)
 帰りに京都の国立博物館にも寄りたいとの事なので、下りは叡山ケーブルで八瀬へ降りるコースに。
 比叡山坂本駅から、人の流れに沿って日吉神社の参道を綺麗な紅葉に見とれながら歩いてたら、坂本ケーブル駅に。オッと登山口は全然ちゃうとこやんか。ちょっとウロウロして一般道の脇にやっと標識発見。
 まずは林道を上って行く。息子は元気一杯なので、ガツガツ登ろうとするが、とてもそのペースは無理。ドウドウとたずなを引き引き、できるだけゆっくり上る。そんなに暑くないのに、二日酔いのせいかのどが渇く渇く。あっちゅう間に、ペットボトルのお茶はなくなった。他に1リットル持って来てたのでよかった。
 坂本ケーブル延暦寺駅に着くころ、やっと調子がでてくる。ここから延暦寺の中ちゅう雰囲気だが、現在地が山用の地図ではようわからん。境内の標識たよりにお坊を見て回る。残念ながら山頂付近まで来ると紅葉のピークは過ぎていて、色は赤いけど枯れかけてて鮮やかさに劣っていた。
 比叡山は観光観光してて、高野山のほうが静かでええよなと親子の意見一致。こうなったら即比叡ケーブル駅までいってサッサと降りよか、となっても方向がまったくわからない。頼りの標識がええかげんで、道を一本間違ってたりした。改めて方向を確認し、息子とあの標識は無いで、とボヤキまくる。
 さすがの若者も、久々の運動でバテ気味になってきたようだ。途中山頂への分岐もあったけど、それは無視。
 急ぎ足で降って、予定より1本前のに乗ることができた。
 ケーブル沿いに見事な紅葉が谷に広がってる。降った八瀬も紅葉が見頃で、あっちゃこっちゃに綺麗な赤。
 八瀬比叡山口から出町柳で京阪に乗り継いで、七条駅で下車。10分程歩いて、国立博物館へ。
 鳥獣戯画の特別展とかでそれ目当ての人で歩道が溢れかえってる。こら相当並ばなあかんのちゃうん?と思ってたら切符はすぐに買えそう。自動販売機にお金を入れてたら「只今鳥獣戯画展は2時間待ちです」とのアナウンス。おっとっと。 息子も「そこまで待って見んでもいいわ」と意見が一致し、間一髪で切符を買わずにすんだ。あと5秒遅れてたら、危ないとこやった。
「門に待ち時間張っとかなあかんで」「いや、地下鉄上がったとこでないと、ここまで歩くの大変や」などと、親子漫才しながらJRのJR京都駅を目指す。お昼はおにぎりだけだったので、駅の地下でトンカツにビール。お腹がくちると「家まで2時間しんどいな」と疲れたようす。
 オヤジはもうちょっと飲みたいところやったけど、真っすぐ家に帰る親子なのであった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
京都北山 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。