So-net無料ブログ作成

八高山 2014/10/03(土) [静岡]

コース:福用駅 9:25→馬王平 10:40→八高山山頂 11:25→小分道分岐 12:00→福用駅 12:40
5年前に一度来た事の有る、八高山へ今回は電車で。
 JR金谷駅で大井川鉄道に乗り換える。切符売り場では行列ができている。目玉のトーマスや蒸気機関車が人気のようだ。鉄オタ風に混じって小さい子を連れた家族の姿も目立つ。普通の切符は自動販売機で買えたので、並ばずに購入。すぐに折り返しの電車が来、上手く座ることができたが、後から続々乗ってきて2両編成の座席はすぐ埋まりかなりの人が立っている。この電車は昔なつかしい南海電車の車両。座席は赤いベルベット、車両はウグイス色?。次の新金谷駅でも沢山の人が乗ってきた。この駅は操車場になっていて、大井川鉄道の車両が全て見れるようになってる。駅には沢山の人がウロウロしてカメラを構えている。(帰りはここで降りて見学しよ)
 福用駅には20分ほどで到着。ここには僕も含め2人だけが降りる。他の人たちはこの先の温泉や、渓谷が目当てなんやろう。降りたもう一人も鉄オタらしく、カメラを構えて駅の周りをウロウロしだした。
 僕は駅の時刻表を確認。金谷方面に戻るのは2時間に1本しか便がない。往復4時間で戻ってくる必要があるが、まぁいい感じかな。残念ながら午後からの蒸気機関車やトーマス列車の運行は下山予定よりも遅い時間となってる。
 待合所の八高山の地図で、登山口方面を確認し出発。すぐに道標が現れる。
 駅近くの神社と隣の民家の間が登山口となってて、道標がないと絶対わからない。民家の庭先を「ありがとね」と心のなかで唱えて通らせてもらう。
 そこを抜けると、登山道になっており、いきなり急登。帰りの時間は気になるが、ここはゆっくり登っていく。今日は高低差700m以上あるが、アップダウンはほとんど無いはず?なので気は楽だ。
途中フラットな部分は有るがほぼ登りのみで頂上に到着。残念ながら富士山方面は、白く霞んでいる。
 頂上まで約2時間。この調子だと余裕を持って駅にもどれそうだ。
 小分道の分岐までは往路を降る。小分道は往路に比べあまり使わないのか、踏み跡は少し薄いが迷うほどではない。こちらも急坂なので、こけんように慎重に降る。途中、沢と合流。沢の水で顔を洗うと「きんもちイー」ここから少し降ると視界が広がり。茶畑が出現。茶畑の中をくねくね降り福用駅へ。金谷までの電車にまだ40分ある。福用駅は無人駅だが、駅前に食料店がありここで切符も売ってるので、切符とビール等々を購入。
 駅のベンチでゆっくりと電車を待つ。本数が少ないのもあるだろうが、線路に接してる民家との間は、小学生でも跨げるような低い柵があるだけ。なんかのんびりするのだ。
 ベンチでボーっとしてると、ナヌ?蒸気機関車の音?あわててカメラを出すが少し遅かった。後ろ姿を捉えたのみ。土日はお客さんの量により臨時に走らせるらしい。
 それにしても、踏み切りの音がせえへんかった?人が通る場所じゃないので(普通に行き来できるけど)、遮断機も下ろさん様だ。(やっぱりのんびりしてる)
 降りの電車は、古い近鉄特急(各停やけど)。当然満員なので、立つ事に。途中新金谷で下車したが、ほとんどの列車が出払ってるよう。車庫にC11?が停車しており、サービスかピーピーと蒸気を噴かしてくれていた。次の電車まで、1時間以上あるので金谷まで歩くことに。約30分ほどで到着。
 あれ電車にゆられたせいかアルコールが効いてきた。福用で待つ間に缶ビールに缶チューハイ2本飲んじゃったからな~。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。