So-net無料ブログ作成

医王山 2014/01/19 [北陸]

1000mを切る山やけどさすが北陸。たっぷりの積雪でした。
コース:医王山スポーツセンターバス停 9:00→登山口 10:30→白兀山 11:15→医王山 11:45→白兀山 12:10→登山口 12:30→医王山スポーツセンターバス停 13:30→湯谷原バス停 13:55
週明けの月曜日金沢で朝から仕事。これは上手く使わんといけません。調度良いところはないかと
捜したところ、金沢から1時間以内でいける医王山がよさそう。
 土曜日から金沢に入って、8時前発の医王山スポーツセンター行きのバスに乗り込む。今日は朝からすごい雪なので、決行しようかどうか迷ったが、スキー場もあるからあぶなさそうやったら、麓をウロウロしよう。今日はセンター試験もあるので、バス乗り場は受験生で長蛇の列。臨時バスが何本も出ている。
 バス会社の社員がひとりでも遅刻者を出さないようにと、一生懸命案内しているのが、好印象。
市内を通る路線バスなので、乗り込めるか心配だったが、試験会場とルートが違ったのでゆったり座ることができた。終点のスポーツセンターまでの乗客は僕一人。
 スポーツセンターの体育館の下足場に入らせてもらって、しっかり足固めをする。この辺りでも積雪は30cm以上ありそう。
 すぐに見上峠でここからの車道は雪で通行止め。1m以上の積雪があり車道の真ん中に肩幅ほどのトレースがしっかりついている。すぐ横に登山道があるようだが、冬季はとても通れないのだろう。ふつうなら、長い車道はうんざりするけど、道らしきものはすっぽり雪で覆われてるので、緩い勾配の雪の散策路を歩いてる気分で快適。トレースは雪がしっかり締まってるが、たまに足が取られるのでスノーシューを装着。車道を1時間以上登ると先行している団体(20名くらい)に追いつく。
 ここから登山道に入るようで、団体さんはここでワカンやスノーシューをつけている。
団体さんを追い抜いて登山道にはいるが、その前にも先行者がいるようで、トレースはしっかりしている。
 それでも急勾配なので、スノーシューのつま先を雪にガシガシと食いくさねないと登れない。
 次の4人組みを追い越し本格的な樹氷が現れだした林の中を気持ちよく登っていく。彼らの前にもグループがいるようで、トレースはしっかりとしている。そのグループも10名ほどの団体で、最後尾の人が見え隠れしだすが、申し訳ないのだがこのまま先行してもらおうと少しペースを落とさしてもらう。
 白兀山の手前では、名前の通り山頂が開けてるので、先行グループの列とトレースがくっきりと見渡せる。(おおきにな)白兀山山頂には、雪で埋もれかけてる方位版が設置されているが、廻りは雪とガスで白黒の世界。カラーで撮っても白黒写真だ。
 白兀山からもいくつかのアップダウンを繰り返してようやく、医王山に到着。が、標識は蛇尾山になってる。GPSで確認しても、医王山なので間違いないと思うのだが?・・・
 先行のグループはまだ先を目指すようで、今はまったく見えなくなっており、トレースだけが残ってる。
 今日はできれば、奥医王までいって周回したかったのだが、バスの最終便には順調にいって間にいそうな時間。初めてのコースでしかも雪山なので、今日はここまで。ピストンすることに決めた。
 帰りは来た道を引き返すだけなのだが、雪が降り続いてるので早くも僕の足跡は薄っすらと消されている。が、わだちは深いのでコースは何とか見分けがつく。追い抜いたグループとすれ違うかと思ったけどなかなか、登ってこない。白兀山を越したところで団体さんがゆっくり昼食を取っていた。そのすぐ先で4人組みを追い越して、ずるずるすべりながら急坂を下っていく。(雪がたっぷりなのでこけても大丈夫なのだ。)登りの半分以下の時間で車道へ到着。ここまできたらまず安全だろう。
 最終のバスの一本前のに乗れそうなので、昼食なしでがんばることにするが、そのバスはスポーツセンターから2キロほど金沢よりの湯谷原バス停が始発となる。スポーツセンターからは車が走るきわを通るのでビシャビシャ雪解け水をかけられる。気の利くドライバーは手前でゆっくり走ってくれるのだが・・・
 湯原谷バス停には発車30分以上前に到着するが、廻りには村の民家があるだけで避難する場所はない。スキー場でラーメンでも食べてたらよかったけど、初めての道やししかたないか。
村の中に入り綺麗な雪が積もってるところで、荷物の整理。がたがた振るえながらバスを待つ。道が狭いので、時間ピッったしでないと通行の邪魔になるようだ。(待機場所がないのだ)
 今日は一日雪まみれになって楽しかったっっと。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。