So-net無料ブログ作成

徳川道から城山 2015/09/22(火) [六甲]

DSC01519.JPGコース:阪急六甲 7:45→杣谷登山口 8:20→杣谷峠 9:35→住吉川出会い 10:10→市ヶ原 11:00→猿のかずら橋 11:30→城山山頂 12:00→北野異人館辺り 12:45

またまた・・・・、徳川道。ここは何遍来てもあきひんわー。早めに出ればほとんど人に出会わずユックリ登れる。
 さすがに連休中なので、穂高湖では子供らがワイワイカヌー遊びしててうるさかったけど、それも又見てたらなんか和んでくる。
 下りは徳川道からトゥエンティクロスへと流れに沿って気持ち良い林の中を降って行く。すんごくリラックスできる道だ。幾つかある堰堤の改修工事も終了し、水も綺麗に流れてる。
 雨が降ると池になって迂回してたヶ所は、今日は広い砂の河原。ここは来る度に景色が変わる。
 市ケ原に近づくにつれドンドンハイカーとすれ違うようになってきた。(やっぱり山は早い時間から登るに限るな)
 今日は調子がいいので、猿のかずら橋から、城山へ遠回りし北野へ降ろう。北野は観光客で一杯だ。リュックを背負って汗臭い僕はチョット変な人。さっさと通りぎて、美味しい海鮮丼食べよう。
 どうか行列できてませんように・・・なんと行列どころか、待たずに入れた。刺身が山盛りの海鮮丼580円に+150円で鯛のあら汁、ビールも飲んで満足満足。


--
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

六甲山 荒地山ー東お多福山 2015/09/20(日) [六甲]

コース:阪急芦屋川駅 9:35→岩梯子 10:50→荒地山 11:30→雨ヶ峠 12:50→東お多福山 13:15→東お多福山登山口バス停 13:50

DSC01505.JPG
帰阪に合わせて、サークル企画で六甲荒地山へ。 
連休だというのに思った以上にメンバーが集まり12名で。(ありがとさん)
 岩梯子で渋滞を起こさないか心配だけど、基本「お先にどうぞ」の精神でユックリ行きましょう。
 申し分ないお天気で、日向を歩くと汗ばむけど山中に入ればいい気持。後方の楽しいおしゃべりを聞きながら、ユックリと進む。
 岩梯子の前で僕らより少し御歳を召した女性の3人組に追いつく。こっちは大人数なのだが、お先にどうぞ(逆に言われてしまった)の声に遠慮なく先行させてもらう。(息もハーハー言ってしんどそうやったし)
岩梯子は下から見上げるとすくむけど、手がかりがしっかりあるので、焦らず登れば大丈夫。最後登りきる所が少し大変かな。それより登りきってから右に行かなあかんとこを左にルートをとってしまったため、その後も岩場が続き後続の方々にまでハラハラドキドキさせてしまった。
 無事に正規??のルートに戻ったところで、後のメンバーを待つが男性3名が中々登ってこない。???まさかと思ったが、さっきの3人の女性のフォローをしてるらしい。(さすがジェントルマン)その後おばちゃん・・いやいや女性の方々の後に到着。
 全員そろったところで、荒地山へ。少し早いけど荒地山頂上の広場で昼食。
 ゆっくりと昼食をとって、次の東お多福山めざし出発。いったん魚屋道まで大下りし、雨ヶ峠まで登り返す。こういうのが気持ち的にしんどいのだが、ユックリユックリと進む。沢山のハイカーが休憩してる雨ヶ峠に到着するけど、後少しなので休憩無で通過。
 少し登ると広い笹原になって高原の雰囲気になってくる。大阪湾の展望も大きく開けてき、景色を楽しむ。標識がないとどこが頂上か解りにくいゆるい起伏の東お多福山に到着。
 ここはバス停からだとすぐに登れるし、気持ちの良い広場になってるので、小っちゃいお子さん連れでのハイキングにお勧めです。
 展望は途中のほうが開けてたので、すぐに出発。バス停までは、背丈まである笹の中を進むけど、踏み跡はしっかりしてるので、コースを外す事は無い。
 バス停まで1時間くらいかかるかと思ってたけど、30分程で到着。バスも5分待ちでバッチリだった。
 今日は岩梯子でルートを間違えみんなにハラハラさせてしまったけど、無事に通過でき、楽しさは倍増したということで許してね。
 反省会はまだ明るいので、十三へ。さすが十三。24時間営業の笑笑がある。一次会が終わってもまだまだ明るい。十三の夜はこれからなのだ。



--

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

南アルプス青木鉱泉 2015/08/29(土) [南アルプス]

DSC01429.JPG この夏最大のイベントのはずだった、鳳凰三山。天気予報は一週間前からフラフラしてるけど、直前の予報ではお天気回復しそうだったので、登山口の青木鉱泉にお泊り。
 翌朝ザーザーの雨、翌日の天気も悪くなる一方だったので、登山は断念。観光に切り替えました。
 青木鉱泉は山道に入るとガタガタの道が30分程続き、普通車では通行が大変やったけど、静かで
 ユックリできました。建物は古いけど、綺麗に磨きかけられていて気持ちよかったです。
 でも、残念。

--
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

蝶ヶ岳 2015/09/12(土) [北アルプス]

DSC_0083.jpgコース:上高地バスターミナル 5:30→徳沢 7:00→長塀山 9:40→蝶ヶ岳山頂 10:20→横尾・常念岳分岐10:50→横尾 12:15→徳沢 13:05→かっぱ橋 14:40 

 名鉄バスが上高地まで夜行バスを出してるのを発見。(遅すぎた)
 月曜は満席だったけど、もしかしたらと火曜日に確認したら空席あり。金曜夜の名古屋発、上高地には翌朝5時過ぎに到着予定。
 日帰りできそうなコースを探すが、焼岳だと物足りないし、蝶ヶ岳はちょっと厳しいか?
 せっかくなので、蝶ヶ岳とし当日のペースで小屋泊まりか決めればよいかと、復路のバスは日曜で予約。
 バスで眠る自信はまったく無いので、睡眠導入剤を使用したけど、二三時間ウトウトできたかな?
 上高地には予定通り5時15分着。すでにたくさんの登山者がバスターミナルにウヨウヨしてる。
 空いてるベンチで身繕いと昨晩買ったおにぎりで朝食。
まず徳沢まで梓川沿いの林道を遡る。ゾロゾロと登山者が続いてるけど、長い林道の先を目指してか皆さん急ぎ足。僕も後の予定もあるし、気は焦るのだがチョットお腹の調子が・・・結局明神と徳沢のトイレと2回使ってスッキリとさせる。
 徳沢園横の蝶ヶ岳の登山口から本格的な登り。
 この登り、シラビソの林が延々と続き、展望も無いので気が萎えてくる。結局長塀山を越して蝶ヶ岳山頂の少し手前で、這松が現れだし展望が開ける。
 ウッオ-なんじゃこりゃ!北アルプスの大展望やんか。御獄・乗鞍・穂高・槍・燕と南から北までバッチシや。
 山頂では数組が休息中。ここからだと東の展望も開け、八ヶ岳や遠くには富士山も。
 ここでおにぎりを一つ。さぁこの後どうすっかな?蝶ヶ岳ヒュッテ泊まる?いやまだ早いし、常念岳までは体力も時間も無いしな。がんばって上高地にもどるか。名古屋へのバス時刻には、地図のコースタイムだとギリギリやな。
 ユックリしたいとこやけど、出発。時計の標高を確認しながらペースをチェック。大体10分120mか。
 この分だとかなり早めに横尾に降れそう。横尾までいけば後はほぼ平坦な林道下り。時間は確実に読める。結局横尾には12時過ぎ到着。山荘前のベンチでユックリ腰を下ろして休息。と、若い女性がアンケートに答えてくだいと寄ってきた。えっ、こんなとこにもアヤシイ勧誘?と思ったらヤマケイの記事に使うんやと。10分程で終了。ヤマケイの手ぬぐいゲット。
 ここまでで7時間近く歩いてる。一度座るとシンドいな。あ゛-後3時間林道歩き残ってる。
 よっし、と気合いれ出発。バスの予約変更できるかな?とか平湯温泉で一泊しょっかな?とか色々気を紛らわしながら林道を歩く。約2時間半でかっぱ橋。時間に余裕はある。まずはビールや。
橋を渡ったお土産屋で缶ビール(280円まぁ良心的?)。穂高連峰をアテに乾杯。んあ-ウマイ!!
 

--
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大阪福島のお寿司やさん [食べもん]

1442125309139.jpg
福島のお寿司屋さんで長男の誕生日と就職内定のお祝い。
長男が回らない寿司屋に行きたい(生意気な)との事で大阪勤務時代に何回か行ったことある店。
7~8年ぶりだったけど、顔を覚えてくれてた。






---




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

猿投山 2015/08/22(土) [愛知]

DSC01412.JPGコース:猿投神社前バス停 8:15→登山口 8:40→西宮 9:25→東宮 9:50→猿投山山頂 10:05→雲龍寺 12:00→名鉄瀬戸駅 13:10

 豊田市駅始発のバスで猿投神社前まで30分チョット。立派な山門の前で身繕い。猿投神社の参道を抜け林道に入り登山口までの約30分、沢山のランナーと出会う。
 自然林に囲まれて、ずっと日陰になるので夏のランナーにとって良い環境なんでしょう。
 早くも下山してくるグループや、道端に車を止めて登山の準備してる人等数組の登山者とすれ違う。人気の山なんだと実感する。
 登山口からも整備され、自然林に囲まれた気持ちよい登りが続く。今日はまぁまぁ調子良いので、西宮へ回ってみる事にする。しかし結構下るねー。林道まで約100m下ってまた登り返し、西宮も中々現れない。ちょっと失敗したかな。フーフー言いながら到着。由緒ありげな社殿が建っている。
  朝食は4時半だったので、お腹すいた。おにぎりを一つ。
 西宮から東宮を経て山頂まではすぐの距離。ちょっとバテぎみやけど、雲龍寺から岩巣山まで足延ばせるかな?
 山頂から雲龍寺まではほとんど降りだが思ってたより距離がある。いったん林道まで降って又登り返し。登りきったかな?くらいで雨が降り出した。
 それも強い雨。前方の雲も黒いのがモクモク沸いてくる。こらあかん、本日は雲龍寺で打ち止めとしよう。
 でも雲龍寺に到着したときには、雨は上がっていた。けど空はやっぱり怪しい。ここはやっぱり無理せず、瀬戸まで 約1時間の一般道歩き。途中降ったり止んだりが続く。
 まぁあそこで打ち切って正解かな?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。