So-net無料ブログ作成
検索選択

箕面天上ヶ岳 2015/02/28(土) [大阪]

コース: 阪急箕面駅 10:10→落合谷分岐 10:30→ようらく台園地 11:30(昼食)~12:20→天上ケ岳(役行者
像)12:40→箕面大滝 13:40→阪急箕面駅 14:20  

メチャ懐かしい箕面の滝。関西でのサークルのメンバーと。
阪急箕面駅から箕面の滝方面へ。滝まで半分程行った所で左のトンネルをくぐり、落合谷の登山道に入る。
リーダーによると、登山地図には載ってないルートらしい。でも登山道はハッキリしてて、道標もバッチリ設置されている。
箕面の滝のグルリには色々ハイキング道が整備されているそうな。遊歩道みたいなイメージだったのだが、どうしてどうして沢もきれいだし、気持ちのいい林の中を歩くルートになってる。
 ワイワイいいながら登ってると、あっというまにお昼近くになりお腹も減ってきた。ようらく台園地の四阿で昼食。
本日もカップ麺。まずおにぎりを食べ。ちょっと長めに麺をほぐす。ンー今回は成功かな?まずまずの硬さ。暖かいものをお腹にいれてもじっとしてるとやっぱり寒い。お話も盛り上がりかけたけど、寒さに負けて出発。本日の目的地,天上ヶ岳へ。
山頂には役行者昇天の地として行者像と祠がある。箕面は役行者が最後に修業したゆかりの地らしい。
 山頂から一気に降って、箕面の滝へ。お久しぶりです。あれ??お猿さんがいませんね?滝の前のベンチでは多くの人が休息して、お弁当もひろげてたりしてるのに。公園の係りの人たちが上手いこと躾したんやろか?
 箕面はやっぱり紅葉の季節なんでしょうね。そこそこ人出はあるけど、お店も半分程しか開いてない。
 滝から箕面駅までは3km弱。まだ早い時間やけど、これから十三まで縦走や。

 さすが十三。まだ15時だというのに居酒屋笑笑が開いてる。(24時間営業らしい)飲み放題も30分ピッチで値段設定されてる。
90分の飲み放題を終え、次のピークへ。そこは如何にも十三らしい店。酒類が安い!。
 結局家に着いたのはかろうじて次の日になるちょっと前。4時間しか歩いてないのに。十三で7時間過ごしてしまった。 反省・・・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

弥勒山・道樹山 2015/02/21(土) [愛知]

コース 内津神社 8:45→登山口 9:10→弥勒山 10:00→道樹山 10:40→檜峠 11:10→外之原峠 11:30→定光寺駅 12:30

 年末から体調悪い。体全体に疲れがたまってる感じで、週替わりで発熱。先週末も寝込んでしまった。
今週は軽めに名古屋からすぐ行ける弥勒山へ。
JR高蔵寺駅発のバスで内津神社へ。この路線は2時間に一本しかバスが無いので、縦走するにはこちら側からが便利。
バス停から登山口までは、山間を突き抜けてる国道のバイパスに沿って進むのだが、一般道からの進入路等が入り組んでて たまに設置されている東海道自然道の標識を見落とさないようにしないと、えらい所に行ってしまう。
 国道のトンネルの排気棟に設けられてる階段を20m程登り、国道を離れ少し一般道を登るとラブホの入り口が見えてくる。
そこを過ぎるとすぐ右手に登山口の標識。ここからは登山道となり枝道はいろいろ出てくるけど、メインの道はハッキリしてるので、後は気楽に進のみ。弥勒山山頂の四阿は北方が開けてるので、冠雪した御嶽山等がかすかに望めた。
 今日は久々に暖かい週末。のんびり鳥のさえずりを聞きながらアップダウンを繰り返す。
 檜峠から舗装された林道に出会い、林道を500mほど進のだがどっちに行けばいいのか迷ってしまう。
 ガイドブックの檜峠の位置がずれているのだ。コース通り歩けばいいんだけどつい反対方向へ確認に行ってしまうのだ。
 林道から登山道に戻ればあとは一本道。今日はほんとあったかいので、途中のベンチで少し早い昼食。最近はまってるカップ麺。いつもより気温は高いはずなんやけど、やっぱり麺はガチガチ。ぬるめのお湯でも戻りやすいカップ麺売ったら流行るかな?
 歩き出して約4時間で定光寺に到着。無人で切符の販売機も置いてない。イコカのみ設置されてて、この時間帯で1時間に2本。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

六甲徳川道 2015/02/07(土) [六甲]

コース 阪急六甲 9:10→登山口 9:40→杣谷峠 10:40→生田川合流 11:10→トェンティークロス分岐 11:25
→市ケ原 12:10→新神戸駅 12:45
帰阪に合わせて久々に六甲山へ。六甲山といえばやっぱし徳川道。登り降り共沢沿いの道で気持ちよく歩くことができるコースなのだ。
日本一きついといわれる住宅街の坂道を登りきった所が登山口。丁度よいウォームアップで、汗もけっこうかいてくる。フリースを一枚脱ぐと少々寒いけど頑張って登れば丁度良くなってくるでしょう。
 登山道に入るとすぐ、堰堤工事による迂回道の案内。工事が始まってずいぶん経つが、やっと堰堤本体は完成したようだ。現在は護岸工事に入ってるようで、両岸が大きく削られている。
 かなり大きく迂回して徳川道に合流。見慣れた登山道が続き、沢を右へ左へチョコチョコ渉りながら登って行く。
 杣峠まで7割ほど登った所だろうか?ガガガッと工事の音。対岸で大きな岩の壁を重機で削ってる。たしかガッチリした岩の壁が垂直に切り立ってた様に記憶してるけど、脆くなってきてたんやろか?こんなとこまで補強せなあかんねんな~。
 杣峠に着くと薄っすらと雪が積もってる。裏の方は雪ふってたん?まさかアイゼン必要?と思ってたらそれは峠のトイレのグルリだけ。
 今年は寒い日が続くので、もしかしたら穂高湖凍ってるかなと期待して、杣峠から少し降る。ウーン薄っすらと氷張ってるけど、人が乗れるほどでは無い。数年前にガチガチに凍ってて、外人が二人氷の上で遊んでたんを思い出す。もうちょっと寒波が続いたら、今年もそうなるかも。
 ここの湖畔の景色は静かで落ち着く。あったかいときに来ると、Y○C○のガキども--おっと、子供たちがワイワイとうるさくカヌー等してあそんでて騒がしいんやけど。
 おにぎりをひとつパクついて、下山開始。下りは少し距離が長いけど、その分勾配ゆっくりしてるし、登りはほとんどないので気楽に降れる。
30分程で生田川に出会う。この場所もお気に入り。神戸市街から3Kmもないのに山深い渓谷の趣。 こちら側の沢の水はすごく綺麗。淵になった深い箇所でも底までクッキリ透き通ってる。トゥエンティクロスの手前とその先のよく水没して池のようになった場所の堰堤の改修もほぼ終わったよう。その先の流れも見た目きれいで安心した。
 ここで生田川から少し離れ、ちょこっと登りが残ってるけど最後の登りきった場所から+市ケ原のトイレが見下ろせ、いっきに下って布引貯水池。広い貯水池なのに水鳥が一羽もいてない。ここで残りのおにぎりをひとつお腹に納めあとひと踏ん張りや。今日はまだお昼過ぎたばっかしやから、元町の大黒恵比寿で海鮮丼たべよっと。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

藤原岳 2015/01/31(土) [鈴鹿]

コース 登山口 9:25→八合目 11:00→山頂避難小屋 11:55~12:25→登山口 14:20

久々にグループで登山。メンバーは5名。
昨日名古屋は雨だったが、気温は低かったのでお山の上の方は新雪積もってるはず。
麓から見ても5合目以上は真っ白になってる。
 登山口で他の4名と合流。駐車場はほぼ満車。雪も降ってきたのでしっかり身づくろいし出発。
登りだしは昨日の雨で、所々に水たまりが残ってる。四合目あたりから薄っすらと積雪に。
 七合目を越えると積雪もしっかりしてくるが、新雪であまり滑らない。
 八合目からの夏道はすっかり雪に埋もれていて、山頂へ直登の冬ルートに薄いトレースが残ってるのみ。
アイゼン着けずに登り始めるが、新雪の下はカリカリになっていて、しかも急登。これは危ないと、アイゼンを装着。
 右足はなんとか着けれたが、左に手が届かない。体、硬ったー。ひーこらして何とか装着。寒い中皆さんお待たせしました。
アイゼン着けると安定感が全然違う。ガシガシと登って行ける。でも急斜面はやっぱり前爪ほしいなー。体も柔軟にせんとあかんね。
九合目を過ぎると勾配は少しゆるくなってホッとするが、風と雪がすごくなってくる。他のメンバーもヒーヒーしてくる。
 後ろの方で、高校のワンゲル?若い奴らが団体で元気に掛け声かけながらグイグイ登って来、僕らもその声に押されて最後のひと頑張り。
やっとこさ山頂の小屋に到着。ラッキーな事にテーブルが一つ空いていて、全員座って食事することができた。
 小屋から30分ほどで山頂(展望台)なのだが、バテバテのメンバーもいるし、視界も悪いので本日はここまで。展望台方面に少し下った所の霧氷が素晴らしいので、そこまで行ってカメラに収める。伊勢湾方面には青空がチラホラ見える事もあるのだが、チョット待ったぐらいではお天気回復しそうにない。すごく寒いし、サッサと下山。
 アイゼンを着けていても、滑らないようグッと踏ん張りながら降るので、ひざがガクガク笑い出す。
 3週間ぶりのお山なので、筋肉大分衰えている。七合目でアイゼンを外し、あとは一気に降るのみ。
 今日は久々の山登りということもあったけど、八合目からの登りの厳しさはいつもの藤原岳のイメージとは全然ちがった。やっぱり冬は天候でルートの状況が変わるので舐めたらあかんなー。
 八合目から赤いテープが10mピッチぐらいで、キッチリ標されていたからよかったけど、先行者がかなりいるにも関わらず、トレースは風と雪でかなり薄くなっていて、自身で地図やGPSでルート取り出来ないとダメですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

重方張世のひとり言 [雑感]

あーあ、結局私一人悪者かぁ。R科研の奴ら論文の発表の時は、私をお人形さんのように仕立て上げたのにさぁ。
研究するのに割烹着なんかだれが着るっちゅうねん。しかもあんな厚化粧してビーカー振ってるわけないやろ。
 再現のときも、あんだけ監視されとったら集中してでけへんがな。一番味方してくれとったS先生も自殺に追い込みやがって、よっぽど上層部がプレッシャーかけたに決まってるわ。
 こうなったら、外国か私設の研究所にレシピ売り込んで大儲けしたるわ。
 誰か私を雇てちょうだいんかーーーーーなんやったら吉本でもえぇで~。
 
 これは松っんの妄想であり実在の人物団体とはまったく関係ありません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。