So-net無料ブログ作成
検索選択

霊仙山 2014/01/25 [鈴鹿]


コース:柏原駅 7:00→登山口 7:30→四合目避難小屋 9:10→八合目上丹生分岐 10:50→山頂避難小屋 11:20〜11:50→山頂 12:20→汗拭き峠 13:25→登山口 13:45→養鱒場バス停 14:25
週末土曜日はまずまずで、寒さも和らぎそう。なので霊仙山に行く事に。
 7時に柏原駅を出発。朝早いのでさすがに寒い。でも10分ほど歩くとポカポカしてくる。
名神高速の下を潜り抜けると、林道になり道端にポツポツ雪が現れだす。
登山口からは本格的な積雪で20~30cmはありそう。でも前に積もった雪なので、湿っていて重たい。3合目までは登山靴のままで登ったが、踏み抜いてしまう箇所が多くなってきたので、スノーシューを装着。快適に登っていける。4合目の避難小屋では、真正面に雄大な伊吹山が望めた。ここからはいつもルートを迷ってしまう箇所になる。特に今日は先行者が無く、トレースもまったく残ってないので少し不安。とにかく南西めがけて進んでいく。ときどき、テープや道標でルートを確認。
 六合目過ぎに夏道だと山腹をトラバースする箇所になるのだが、雪が多そう。そのまま尾根を南西に向かって登ったほうが良さそうな気もするのだが??登山道にはしっかりテープがあるので、夏道を行く事にした。でも急な斜面なので、スノーシューが横すべりする。ストックで支えながら一足一足しっかり踏み込みながらすすんでいく。7合目の河内道との合流点まで思った以上に手間取った。体力もかなり消耗したので、残りの登りがすごくつらい。まあまだ11時前。たっぷり時間はあるので、ゆっくり一歩一歩のぼって行こう。山頂の山小屋がそこに見えてるのだが、なかなか近づかない。今日は山頂までは行かずに、経塚山から、榑ヶ畑へ降りようかと気力も萎えてきた。
カリカリの雪.JPG
 なんとかかんとか山小屋に到着。ここまできたら、今日の天気やったらまずは大丈夫。
 ほっとしながら、おにぎりと味噌汁で昼食。朝は4時過ぎに食パンと目玉焼きを食べたきりなので、お腹はすいているのだが、2個目のおにぎりを食べる気になれない。カロリーメイト2切れを紅茶でなんとか飲み込む。ゆっくり休息したのと、食べ物をお腹にいれたので体力と気力も復活してきた。2人組が小屋に入ってきたので、榑ヶ畑からの雪の状態を確認すると、登山靴のみでも充分登れたとのこと。
まだスノーシューの方が楽に進めそうだが、雪の中で撤収するのも大変なので、ここでザックの背中にくくりつける。
 まずは経塚山までの登り。ここからいったん降って最後の一登りが残るが一歩一歩とぼとぼと登る。やったー無事に霊仙山山頂に到着。今日は大変やった分、達成感も大きい。
山頂.JPG
 山頂では、4人組みがパチパチ写真撮影。
 「雪山でスカートはいてる山ガール」今日は寒さが緩んでるけど、若モンは元気やねー。
 さすがに最高点はパス。山頂から降った処からショートカット。虎ヶ池の先で本来のルートに合流。いつもだったらここからドロドロのジグザグ路が続くのだが、今日は綺麗な雪の斜面。いっきに直滑降(もちろん歩いてです。急すぎて尻セードはできません)榑ヶ畑登山口まで一気に下るが、ここから1時間弱の車道歩きが残ってる。車道にも雪がしっかり残ってるがタイヤの轍は凍ってるんで、注意しながら降っていく。次のバスまで、40分残して養鱒場のバス停に到着。いつもなら歩いて醒ヶ井駅まで行くところだが、さすがに疲れた。バス停近くの食堂に入って鱒の握り寿しでビール。
鱒寿司.jpg
鱒はトロサーモン(漫才師ちゃうで)といった感じでおいしかった。食堂のテレビでたかじんの追悼番組、そこまで逝って委員会をやっていた。最後まで見たかったけど、バスの時刻が近づいたので途中で店をでる。
合掌。

タグ:登山
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

医王山 2014/01/19 [北陸]

1000mを切る山やけどさすが北陸。たっぷりの積雪でした。
コース:医王山スポーツセンターバス停 9:00→登山口 10:30→白兀山 11:15→医王山 11:45→白兀山 12:10→登山口 12:30→医王山スポーツセンターバス停 13:30→湯谷原バス停 13:55
週明けの月曜日金沢で朝から仕事。これは上手く使わんといけません。調度良いところはないかと
捜したところ、金沢から1時間以内でいける医王山がよさそう。
 土曜日から金沢に入って、8時前発の医王山スポーツセンター行きのバスに乗り込む。今日は朝からすごい雪なので、決行しようかどうか迷ったが、スキー場もあるからあぶなさそうやったら、麓をウロウロしよう。今日はセンター試験もあるので、バス乗り場は受験生で長蛇の列。臨時バスが何本も出ている。
 バス会社の社員がひとりでも遅刻者を出さないようにと、一生懸命案内しているのが、好印象。
市内を通る路線バスなので、乗り込めるか心配だったが、試験会場とルートが違ったのでゆったり座ることができた。終点のスポーツセンターまでの乗客は僕一人。
 スポーツセンターの体育館の下足場に入らせてもらって、しっかり足固めをする。この辺りでも積雪は30cm以上ありそう。
 すぐに見上峠でここからの車道は雪で通行止め。1m以上の積雪があり車道の真ん中に肩幅ほどのトレースがしっかりついている。すぐ横に登山道があるようだが、冬季はとても通れないのだろう。ふつうなら、長い車道はうんざりするけど、道らしきものはすっぽり雪で覆われてるので、緩い勾配の雪の散策路を歩いてる気分で快適。トレースは雪がしっかり締まってるが、たまに足が取られるのでスノーシューを装着。車道を1時間以上登ると先行している団体(20名くらい)に追いつく。
 ここから登山道に入るようで、団体さんはここでワカンやスノーシューをつけている。
団体さんを追い抜いて登山道にはいるが、その前にも先行者がいるようで、トレースはしっかりしている。
 それでも急勾配なので、スノーシューのつま先を雪にガシガシと食いくさねないと登れない。
 次の4人組みを追い越し本格的な樹氷が現れだした林の中を気持ちよく登っていく。彼らの前にもグループがいるようで、トレースはしっかりとしている。そのグループも10名ほどの団体で、最後尾の人が見え隠れしだすが、申し訳ないのだがこのまま先行してもらおうと少しペースを落とさしてもらう。
 白兀山の手前では、名前の通り山頂が開けてるので、先行グループの列とトレースがくっきりと見渡せる。(おおきにな)白兀山山頂には、雪で埋もれかけてる方位版が設置されているが、廻りは雪とガスで白黒の世界。カラーで撮っても白黒写真だ。
 白兀山からもいくつかのアップダウンを繰り返してようやく、医王山に到着。が、標識は蛇尾山になってる。GPSで確認しても、医王山なので間違いないと思うのだが?・・・
 先行のグループはまだ先を目指すようで、今はまったく見えなくなっており、トレースだけが残ってる。
 今日はできれば、奥医王までいって周回したかったのだが、バスの最終便には順調にいって間にいそうな時間。初めてのコースでしかも雪山なので、今日はここまで。ピストンすることに決めた。
 帰りは来た道を引き返すだけなのだが、雪が降り続いてるので早くも僕の足跡は薄っすらと消されている。が、わだちは深いのでコースは何とか見分けがつく。追い抜いたグループとすれ違うかと思ったけどなかなか、登ってこない。白兀山を越したところで団体さんがゆっくり昼食を取っていた。そのすぐ先で4人組みを追い越して、ずるずるすべりながら急坂を下っていく。(雪がたっぷりなのでこけても大丈夫なのだ。)登りの半分以下の時間で車道へ到着。ここまできたらまず安全だろう。
 最終のバスの一本前のに乗れそうなので、昼食なしでがんばることにするが、そのバスはスポーツセンターから2キロほど金沢よりの湯谷原バス停が始発となる。スポーツセンターからは車が走るきわを通るのでビシャビシャ雪解け水をかけられる。気の利くドライバーは手前でゆっくり走ってくれるのだが・・・
 湯原谷バス停には発車30分以上前に到着するが、廻りには村の民家があるだけで避難する場所はない。スキー場でラーメンでも食べてたらよかったけど、初めての道やししかたないか。
村の中に入り綺麗な雪が積もってるところで、荷物の整理。がたがた振るえながらバスを待つ。道が狭いので、時間ピッったしでないと通行の邪魔になるようだ。(待機場所がないのだ)
 今日は一日雪まみれになって楽しかったっっと。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

三峰山 2014/01/11 [鈴鹿]

 サークル企画の三峰山に参加。近鉄の榛原駅に8:10集合とのことなので、名古屋5:30初の近鉄急行に乗り込む。7:45に榛原到着。集合時間まで駅の改札付近で待っているとぞくぞくと、登山者が降りてくる。8時頃から高見山や三峰山への直通バスがこの期間土日に限って出ているようだ。特に今日は霧氷祭りが、三峰山の登山口で催されるらしい。
 僕たちは駅まで今回の企画のリーダーが車で来てくれるので、大阪からの電車組二名と合流し、駅前の集合場所へ。
 三峰山の登山口には、車で40分程で到着。道路に雪はほとんど無いけど、昨日までの寒波と、今日もそこそこ寒いので霧氷はおおいに期待できる。駐車場は幾つかあるけどどこも満車。登山口からかなり登った箇所でようやく空きを見つけるが、下山したとき通るところなので、大丈夫。
 しっかりと準備して、出発。標高の高いところがちらほらと真っ白く見えてるので、ワクワクしてくる。
 初めのうちは杉林をジグザグ上っていく。うっすらと雪が積もっているが、アイゼンを着けるほどではない。そのうちに一番めの小屋に到着。トイレもあって丸太で組んだ綺麗な小屋だ。アイゼンを出してる人もいてるけど、僕たちはそのまま出発。が、いきなりの階段がつるつる滑る。うすい新雪の下の雪が、踏み固められて氷になってる。階段を上りきったところでアイゼンを装着しガシガシと登ぼっていく。この辺りから尾根になるので風が吹きぬけるとすごくさぶい。標高も1000mを越えてくるので、樹にも雪が着き始めてくる。不動滝コースとの合流点の小屋が近づいてくると、霧氷が現れだす。
 合流点の小屋で小休止。狭い小屋でほとんど明かりが入らないのだが、たくさんの方が休息していた。
 ここからはすばらしく綺麗な霧氷の連続。えびの尻尾も大きくなって、枝が大きくしなってきている。
 頂上近くになると、登山道も細くなってくる上にみんな写真を撮りだすので、ちょこっと渋滞になってくる。頂上では展望は無かったが、メンバーで記念撮影。
 頂上から八丁平へ周回する。皆さん頂上からピストンされるようで、ここからグッと人が少なくなる。これからが本番やのにもったいない。
 八丁平は広い雪原・霧氷に覆われた林。今日は曇ってるのでモノトーンの異世界に迷い込んだ気分になる。風がビュービュー吹きさらしているので、寒くてじっとしていらないが、夢心地で周回するとあっとに、下山ルートに合流。僕たちは新道ルートに入る。こちらはほぼ下山に使うルートなので、登ってくる登山者はほとんどいない。途中風の通らない箇所で昼食をとったが、その間の下山者もほとんどいなかった。ピストンしてたらいまごろ渋滞??にまきこまれてうんざりしていたところだろう。山と高原地図では点々のルートになってるので、みなさん敬遠するんかなぁ。自分たちのペースで気持ちよく林道まで降り、すこし長い林道歩きは残るけど、それも30分ほどだ。
 駐車場の横では霧氷まつりで屋台(町内会のもようしもの程度)がでていて、地元の名産等が売られていた。僕たちは無料でふるまわれた、野菜汁で冷えた体をあっめる。酸味が強い、いかにも自家製ってかんじの味噌がつかわれてておいしかった。
 帰りは少し足を伸ばして亀の湯へ。透明なお湯やけど、入ったとたんにぬるっとした感触でお肌がスベスベになった気分。これ以上男前になったらどないしょ???

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

藤原岳 2014/01/04 [鈴鹿]

 藤原岳の天辺は別世界だったのだ。
コース:西藤原駅 7:40→登山口 7:50→八合目 9:15→山頂避難小屋 9:55〜10:40→藤原岳山頂(展望台)10:55→山頂避難小屋 11:10→八合目 11:30→登山口 12:20

今年は一月四日が土曜日なので、仕事初めは6日から。長い正月休みとなったけどそれも後2日を残すのみ。やっぱり雪が見たいので、藤原岳へ。
 いつもは始発の近鉄急行で行くのだが少し寝坊してしまい、いつもより30分遅れで登山口に到着。
さすがに正月4日なので、駐車場にはまだ少し空きがある。
 登山口辺りにはほとんど積雪はないが、今まで積もった雪が土と混ざって茶色い氷となってる。アイゼンを着けるほどではないのだが、すべらないよう気をつけて登っていく。標高が上がると徐々に雪が増えてくる。7合目の標識のところで先行しているグループがアイゼンをつけていたが、僕はいけるとこまでこのままで。だが、薄っすら積もった雪の下は凍った雪なのですごくすべりやすい。降りはどうせアイゼンが必要になるので、あっさり装着すりゃいいものを、めんどい事は後回しにする良い性格なので、2本のストックでバランスとりながら登っていく。8合目からは本格的な積雪になり、あちこちに直登ルートができているが、そちらは急斜面になるので、夏道を確実に登っていく。なんとか頂上の避難小屋に到着。やっぱりストックの力は大きい。
 今日はピストンの予定なので時間はたっぷりある。避難小屋でお湯を沸かしラーメンを食べ、残ったスープに冷えたおにぎりを投入し、暖めなおしてぞうすいに。身体もあったまったので、小屋でしっかりとアイゼンを装着し山頂に向けて出発。ここからが藤原岳の本番だ。積雪の量もいっきに増え、低い樹が点在するのみの雪原が広がる。雲の流れが速くてときたま青空が見え隠れする。青空をバックにした雪原はより白が映えるが、灰色の雲に覆われ少しガスってもモノトーンの異次元に迷い込んだ気分になりうっとりとしてしまう。頂上から滋賀県側は完全に雲で埋まってしまってるが、伊勢湾は雲の下にくっきりと見渡すことができた。スノーシューをもってきたらこの雪原を歩きまわれるのになーと後悔しながら(まさかこんなに積雪があるとは思ってなかったので)避難小屋へ戻る。今日はここまで、このままピストンし、登山口へと。藤原岳は冬でも登山者が多いので、トレースもしっかりしてる。積雪が多くてもまずアイゼンがあれば登れるから、今度サークルに企画だしてみよか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

六甲風吹岩 2014/01/02 [六甲]

 妻と初めてのハイキングは軽めに六甲風吹岩から八幡谷を下って岡本へ。
コース:阪急芦屋 10:00→高座の滝 10:30→風吹岩 11:20→八幡谷登山口 12:45
 
 なにをとち狂ったのか嫁が「私も山に連れてって」やて。まぁ初めは軽めにしといたろかと、オーソドックに芦屋川から風吹き岩を目指す。ここだと顔色見ながら雨ヶ峠まで足を伸ばしてもいいし、と思とったけどやっぱり風吹岩から打越峠を経由して八幡谷を下って岡本へ。のつもりが、八幡神社を出て西に下ってしまった。東に行けば岡本駅にだったのに、西へ西へ。中々駅が出てこない。結局御影までほぼ一駅歩いてしまった。
 まぁ嫁もお腹のあたりの脂肪が気になってたようなので、ちょうどよかったんとちゃう。

 梅田でお茶でも飲もかと、うろうろしたけど、正月の2日。どこも一杯。JR大阪駅の上のファッションビル(横文字のなんたらいうとこ)の食堂街のスパゲティの店が一番並ばんでよさそうだったので、スパゲティのランチをとることに。
 さぁ次があるんかな?
タグ:六甲
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

新世界東映で丹下左膳等々 2013/12/30 [映画]

新世界東映で仁義無き戦いと丹下左膳を観賞。二本立てで1300円。大友柳太郎の左膳には痺れたわ~
映画の前に新世界に来たからは当然、酒の穴で一杯引っ掛けないワケにまいりません。ビンビールに野菜の串カツ3本。フグ皮湯引きにマグロの山かけ、芋焼酎のお湯割りでしめて、1700円でおつり。少し早いけど長居するとベロンベロンになってしまいそうなので映画館へ。仁義無き戦いのラスト20分を見て、いよいよ丹下左膳の始まり始まり。
この映画館の幕間には、宣伝とか予告編等無粋な物はありません。ヘタすると、オシッコ行ってる間に次が始まっちゃいます。
 大友柳太郎の痺れる見栄。若くて初々しい、大川橋蔵に美空ひばり。オマケに左ぼくぜんもガンバッテたりして、あっというまに一本目修了。仁義無きの方は子供のころからのテレビでお馴染みの俳優さんが勢揃いしてるんやけど、今の僕より年が若いやん。あ~年食うてもたなと感慨に耽ってると、見たような場面に。と、携帯に着信ロビーに出て通話。えーみんな待ってるって!今晩19時から中学の同級生と恒例年末の飲み会の予定だが、まだ18時過ぎ。あれ〜1時間まちがえとったんかな?あわてて南海新今宮駅へ、約30分遅れで新今宮駅から約束の堺東へ。今回はいつもと違い、おしゃれなお店で裁判所の向かいにある「響あい」とかいう店にはいったとメールがきてた。堺東も様子が変わってきてるけどすぐに発見。ビール1杯遅れの到着だったが、すぐに追いつきあとは????たしかそのあと銀座商店街裏の立ち飲みに行って乗り換えの三国ヶ丘の王将で餃子とビールで締めたような気が・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

南木曽岳 2013/12/28 [中央アルプス]

コース:尾越バス停 8:40→登山者駐車場 9:35→登山口 9:55→登り下山道分岐10:10→山頂 11:50→避難小屋 12:05~12:25→摩利支天下山道分岐12:55→登り下山道分岐14:05→登山者駐車場 14:15

今年最後の山登りは雪を狙って、南木曽岳に。
列車が少し遅れたので、南木曽駅に到着したのはバスの発車時刻の直前。ドアが開いた瞬間ダッシュ。バスは発車しかけだったが、手を振って止まってもらいなんとか乗せてもらえた。このバス逃すと、歩いて上の原からのコースで距離が長くなるので、積雪時は僕の体力では自信がない。
 尾越バス停付近には道端に雪が残ってる程度。だが、キャンプ場を越して登山者用駐車場までくると、昨晩雪が降ったのか新雪が5cm以上積もっている。駐車場に車は一台も無く、今日の登山者は僕一人のようだ。(不安)自然園を通ったのちまた林道に入るがここらでは新雪の下に根雪が10cm程になってる。本格的な登山道に入るとすっかり雪に覆われた感じで、シンとしてすごく静かだ。トレースは新雪でぼやけてきてるけど、迷うほどではなく不安なく進んでいける。標高が上がってくると、くるぶしより上までズボズボとなるのだが、まだカンジキを装着するほどでもない。この山は木の梯子が多いので逆に危険だ。雪で梯子が隠れいるので、うっかり隙間に入り込むと足が抜けなかったり、痛めたりしてしまいそう。進めるとこまで、登山靴だけでいくのが無難そうだ。それでも頂上付近までくるとかなりの積雪。ストックを突き刺して登っていくのだが、剛性がないので頼りない。やっぱりこんなときは、ピッケルが必要だ。
 雪まみれになりながらようやく頂上に到着。今日は御嶽や中央アルプスの展望は利かない。頂上付近ではひざ上までの積雪。ズボズボ足が沈むがなんとか進める。
 避難小屋でおにぎりと味噌汁で昼食。寒暖計を見ると小屋の中でも氷点下6℃だ。
 少しだが雪が降ってきたので、バタバタと片付け出発。午後からときどき雪の予報。カンジキをつけてもいいのだが、階段が怖いので壷足で進む。が、小屋からはそれまで以上の積雪で、登りも残っていてかなりしんどい。それでも下山道への分岐までとがんばって進む。
 分岐までくれば後は降るのみ。だが、ここの降りは登り以上に急勾配の梯子だらけなので不安がよぎる。が、雪がブレーキになってくれるので、思ったより安定して降れる。
 さすがに一番高くて急な梯子は、後ろ向きになって梯子を手で持って確保しながら慎重に降る。降りもトレースはほぼ視認できるので、迷わずに進むことができた。
 登山・下山の合流点の標識が見えたときには、さすがにホっとした。駐車場に車はやはり無かったので、今日は南木曽岳を独り占め。だけどこれからの本格的に雪が積もりだしたら僕の実力ではもう無理だろう。
 ホっとしたのでこれからの予定を考える。バス停までゆっくりいっても、40分ほどの待ち時間がありそう。少しいそいでいつもの蝶屋のそばで一杯と行くか。

タグ:登山
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。