So-net無料ブログ作成
- | 2013年12月 |2014年01月 ブログトップ

2013/12/26 THE KAWABUN NAGOYA で忘年会 [食べもん]

明日で仕事納めとなるが、今日は本年最後の忘年会。会場はTHE KAWABUN NAGOYA 老舗の料亭が経営している、高級そうなフランス料理の店。
 部屋は凝った造作。今時の感じじゃなく、センスよく和洋折衷された本格的な感じ。照明もシャンデリアみたいなキラヤカなものでは無く、渋いもの。ホントはカメラに納めたかったが、おエライ方が多かったので、シャッター押すのははばかられた。
 乾杯は当然シャンパン。ビールも聞いた事のない銘柄。コースメニューだが、少しの量でいろいろ楽しめた。ウェイターもたくさんいて、グラスが空くとすぐワインをついでくれる。おっさんばっかりの忘年会だったので、みなさんたくさん飲んだようで、最後はグダグダになっていた。
 来月の給料で参加費は引き落とされるらしいが、案内には参加費が書かれて無く、いくらになるかと思うとぞっとする。
 この店は結婚式の会場としても人気があるらしく、会社の若手が来年春にここで式を挙げる予定らしいが、ふんぱつしたもんやわ。

タグ:洋食
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2013/12/21 元町でウロウロ [食べもん]

 雨が降ったり止んだりの中、無事登山終了。新神戸駅のトイレで着替えをし、元町に向かう。お目当ては恵比寿大黒。が、やっぱり並んでた。店の外には一組だけだったが、中の待合は満席。ここはあきらめ、並びの焼肉屋へ。まだランチタイムで、食べ放題で990円のメニューもあったが、前に来たときそれなりの肉しかなかったので、今日は普通の焼肉定食に。
 肉の種類もいろいろあってボリュウム満点だが、やっぱりお値段なりの物だ。
 生ビールも飲んだので、お腹いっぱいになったけど、元町にきたらやっぱりここに寄らんとと、立ち飲みの世界長へ。
 JRAウィンズの真裏なので、この辺りの飲屋は真昼間からやってて、テレビはいつも競馬中継。耳に赤鉛筆はさんで、左手に競馬新聞もったおっさんたちが、くだ巻いてる店ばっかり集まってる。
 ここの女将さんが、すこしふくよかやけど、お言葉はきつめ。カウンターに客が立つと、後ろを通れなくなるくらいの狭い間口の店に入るとほぼ満杯。「真ん中あいてる!。」と頭の天辺からかん高い声で案内してくれる。と、カウンターの客は自ら隙間を空けてくれる。リュックを足元に下げながらカニ歩きで(リュックを担いだままだととても通れない。)
 ビンビールを注文すると。「キリン?アサヒ?」ときびしいチェックが入る。
串かつ数本におからとビンビール1本で1000円でおつり。かよわい女性にはお勧めできませんが、めっちゃ落ち着くわ。

タグ:立ち飲み
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2013/12/21 六甲徳川道 [六甲]

コース:阪急六甲駅 9:50→登山口 10:20→杣谷峠 11:30→市ヶ原 12:30→新神戸駅 13:30

 サークルの企画で中山連山の周回コースに行く予定だったが、悪天の為中止となってしまった。少々の雨でも登る気満々だったので、単独でいつもの徳川道へ。
 登山口からすぐの堰堤の工事もずいぶん進んできてる。迂回路も付け替えられているが、標識もきっちり整えられてるので、間違いなく本コースに乗ることができた。
 どんよりとした雲に覆われていていつ雨が降ってくるか解らない。気温は低いが風がないので、寒さはそれほど感じない。峠まで半分ほどまで登るとポツポツとどこからか流れてきたような雨。今日は卸たてのカッパ(上着)を着てきたので試しに調度いい。
 人気の六甲の中このコースはまで人が少ないのだが、今日は2~3組にしか出合わなかった。杣谷峠の四方屋でおにぎりを食べてると、雨から雪になってきた。気温もグっと冷えてきたので、お茶も飲まずに出発。
 峠のすぐ下の穂高湖はさすがにまだ凍ってはいなかったが、寒々とさびしい感じ。
 峠からはゆったりとしたくだりが続くので、グルリの自然を楽しみながら降ることができる。
 穂高湖から生田川までの沢の水が澄み切っていて、めちゃくちゃ綺麗。こんな街の近くの山で、ホンマびっくりするわ。 
 生田川に出合い、川に沿って降っていく。ここでも堰堤の大工事をしてる。最近のゲリラ豪雨には、昔作ったダムじゃ持ちきれんのやろな。
 大雨の後に行くと池になって通れない場所があるんやけど、今日は通れた。が、河原が砂で埋まって、様相が大きく変わってる。工事の影響もあるんやろな。その先に高雄山ダムが有るんやけど、此処はそのダム湖(池)の末端になってて、大雨でダム湖がいっぱいになると、ここまで水浸しになるって仕組みのようだ。(今日はじっくりここの地形を観察しながら歩いたので、やっとわかった)
 ここまでくれば市ヶ原まではあと一降り。いつもは登山者や、BQするグループでにぎわってるのだが、今日は茶屋前で一人の登山者が休憩してるだけだった。
 後は新神戸まで舗装路をひざに負担かからんように、慎重に歩く。見晴らし台まで来ると雨はすっかりやんで、海の方は少し明るくなってきた。今日はおにぎり一個しか食べてないし、さあどこで何を食べよかな。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

- |2013年12月 |2014年01月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。