So-net無料ブログ作成

蝶ヶ岳 2015/09/12(土) [北アルプス]

DSC_0083.jpgコース:上高地バスターミナル 5:30→徳沢 7:00→長塀山 9:40→蝶ヶ岳山頂 10:20→横尾・常念岳分岐10:50→横尾 12:15→徳沢 13:05→かっぱ橋 14:40 

 名鉄バスが上高地まで夜行バスを出してるのを発見。(遅すぎた)
 月曜は満席だったけど、もしかしたらと火曜日に確認したら空席あり。金曜夜の名古屋発、上高地には翌朝5時過ぎに到着予定。
 日帰りできそうなコースを探すが、焼岳だと物足りないし、蝶ヶ岳はちょっと厳しいか?
 せっかくなので、蝶ヶ岳とし当日のペースで小屋泊まりか決めればよいかと、復路のバスは日曜で予約。
 バスで眠る自信はまったく無いので、睡眠導入剤を使用したけど、二三時間ウトウトできたかな?
 上高地には予定通り5時15分着。すでにたくさんの登山者がバスターミナルにウヨウヨしてる。
 空いてるベンチで身繕いと昨晩買ったおにぎりで朝食。
まず徳沢まで梓川沿いの林道を遡る。ゾロゾロと登山者が続いてるけど、長い林道の先を目指してか皆さん急ぎ足。僕も後の予定もあるし、気は焦るのだがチョットお腹の調子が・・・結局明神と徳沢のトイレと2回使ってスッキリとさせる。
 徳沢園横の蝶ヶ岳の登山口から本格的な登り。
 この登り、シラビソの林が延々と続き、展望も無いので気が萎えてくる。結局長塀山を越して蝶ヶ岳山頂の少し手前で、這松が現れだし展望が開ける。
 ウッオ-なんじゃこりゃ!北アルプスの大展望やんか。御獄・乗鞍・穂高・槍・燕と南から北までバッチシや。
 山頂では数組が休息中。ここからだと東の展望も開け、八ヶ岳や遠くには富士山も。
 ここでおにぎりを一つ。さぁこの後どうすっかな?蝶ヶ岳ヒュッテ泊まる?いやまだ早いし、常念岳までは体力も時間も無いしな。がんばって上高地にもどるか。名古屋へのバス時刻には、地図のコースタイムだとギリギリやな。
 ユックリしたいとこやけど、出発。時計の標高を確認しながらペースをチェック。大体10分120mか。
 この分だとかなり早めに横尾に降れそう。横尾までいけば後はほぼ平坦な林道下り。時間は確実に読める。結局横尾には12時過ぎ到着。山荘前のベンチでユックリ腰を下ろして休息。と、若い女性がアンケートに答えてくだいと寄ってきた。えっ、こんなとこにもアヤシイ勧誘?と思ったらヤマケイの記事に使うんやと。10分程で終了。ヤマケイの手ぬぐいゲット。
 ここまでで7時間近く歩いてる。一度座るとシンドいな。あ゛-後3時間林道歩き残ってる。
 よっし、と気合いれ出発。バスの予約変更できるかな?とか平湯温泉で一泊しょっかな?とか色々気を紛らわしながら林道を歩く。約2時間半でかっぱ橋。時間に余裕はある。まずはビールや。
橋を渡ったお土産屋で缶ビール(280円まぁ良心的?)。穂高連峰をアテに乾杯。んあ-ウマイ!!
 

-- スポンサードリンク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。