So-net無料ブログ作成
検索選択

糸瀬山 2015/08/08(土) [中央アルプス]

 DSC01351.JPGコース JR須原駅 8:45→登山口 8:55→しょうぶ平 9:45→マムシ坂 11:00→糸瀬山山頂 12:30→マムシ坂→13:20→けやき平 14:00→JR須原駅 14:50

 先週登山口が解らず断念した風越山にリベンジしようかとも思ったけど、少し手前の糸瀬山へ。
 ガイドブックによると、往復7時間半の健脚コースになっており、標高差も1200m以上ある。今日も暑くなりそうなので、根性決めていかんとな。
 須原駅の待合でしっかり身づくろいして出発。須原宿を抜けていくのだが、キュウリ等の野菜を浮かべた用水路から引いた水桶が所々に置いてある。よく見ると「ご自由にどうぞ」とのメモが貼ってあり、食塩まで置いてくれてる。なんか親切そうな町だ。それは帰りの楽しみに置いておいて。
 5分ちょっとで鹿島神社(社より立派な大杉が目印)。その手前に遠慮気味な糸瀬山登山口の標識。雑草が生えて、踏み跡が薄い登山道に入る。
 ルートを間違えるほどではないけど、あんまり人が入っていなさそう。この先のしょうぶ平にも車が駐車できるので、そこから登山開始する人が多いのだろう。そこまででも200mほど標高が稼げる。しかもけやき平の手前に50m程の下りがある。 今日は足の筋肉つけようと、ストック無で行けるとこまで、と思ってたけど暑さと先週はほとんど歩けてないので、しょうぶ平からちょっと登ったヶ所でストック出動。まだ1/4も登ってない。
暑くて単調な登りをとにかくユックリコツコツ登る。途中何度もくじきかけるけど、なんとか頂上に到着。晴れてるけど空気は霞んでいて展望はほとんど効かない。途中の尾根で山頂が雲で覆われた中央アルプスが微かに望めたのみ。のろし岩なる高さ10mの巨岩があって、梯子もかけられてたけど、危なそうなのでパス。虫もぶんぶん飛んでるのでサッサトピストン。
 途中綺麗な落葉樹の林もあったけど、単調な登りの続くルートで、真夏に訪れる山では無いかな。訓練には良いでしょう。でも途中笹藪もきっちり刈り込んて、標識も要所に整備されてるので、 紅葉の時期だと楽しみながら登れるかも。
DSC01363.JPG 鹿島神社の登山口に降ったときには、足はガクガクのヨレヨレになっていた。そうや、用水路のキュウリはまだ残ってるかな?あった残ってました。もしかして観光客はほとんどいない?「まんまんちゃんあん」と感謝しながら1本塩をフリフリしていただく。よく冷えてるのでバキバキと歯ごたえがいい。お塩が汗で不足してる体にジンジンしみこんで行く。
 期待していた臨時列車ホリデー号は須原には止まらないみたい。(出発時駅で確認するの忘れてた)次の列車まで1時間以上ある。須原宿をプラプラと歩いてみるけどお店は殆どない。駅近くに「あすなろ」という屋号のお店があり、喫茶店かなと入りかけると水路で野菜を洗ってたオッチャンが(同い年くらいやけど)「ここは居酒屋でまだやってないよ」とのこと、どっか開いてる店ないか尋ねると、「ちょっとまって」と奥へ。地図かなんか見せてくれるのかと待ってたら、缶ビール2本もってきてくれた。お金を出そうとしても、お祭りでもらった物だからと受け取ってくれない。ありがたく頂戴し駅の待合室でいただくことに。
 キンキンに冷えてるのを一気にグイッ。ンー効くッ。肴もないのに2本共飲み干してしまった。あとはボーっと田舎の風景を眺めながら列車を待つ。名古屋ほどでもないけどやっぱり熱いー。 スポンサードリンク
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。